野菜の皮や芯を捨てない

これまで、野菜の皮や芯は捨てていた人が多いでしょう。
ですがその部分だって、きちんと料理すれば食べられます。
食材を捨てるのはもったいないので、なるべく使うように意識してください。
皮は、きんぴらごぼうなどに使うと良いですね。
野菜は、皮に最も栄養が含まれています。
ですから使わないで捨てるのは、非常にもったいないです。
野菜の芯は固いので、よく火を通してください。
すると柔らかくなって、食べやすくなります。

野菜の、葉の部分を捨てている人が見られます。
ダイコンやニンジンの葉の部分ですが、そこも煮物にすれば食べられます。
緑色で、彩りも鮮やかになるでしょう。
また、スープにするのもおすすめです。
野菜は煮込むと、栄養が水に流れてしまう場合もあります。
スープなら汁も飲めるので、栄養を余すことなく吸収できます。
栄養も無駄にしないメニューを考えてください。

キムチなど、ご飯のお供が余ってしまうことがあると思います。
その場合は豚肉と一緒に炒めて、豚キムチを作ると良いですね。
辛くて子供が食べられない場合は野菜を追加したり、みりんなど調味料を加えて味を整えてください。
せっかく買ったのに、賞味期限が切れて食べられなくなるのはもったいないです。
納豆も余ることが多いですが、卵焼きに入れたり、野菜と一緒に炒める方法があります。
ご飯のお供を活かせるメニューも勉強して、食卓に出してください。
食材を大事に使って、費用を削減しましょう。

TOPへ戻る