>

もったいないという精神

皮を活かした料理とは

野菜は、皮を剥かなければいけない種類が多いです。
ですが実は、皮だって食べられます。
捨てるのはもったいないので、今後は皮も調理してください。
ゴボウやニンジンの皮を使って、きんぴらを作ると良いですね。
皮には味が染みやすいので、おいしく調理できると思います。
また皮は、栄養が詰まっている部分です。

健康的な生活を送るために、皮まで食べてください。
しかし野菜の皮には、土が付いている可能性があります。
しっかり洗ってから、調理してください。
食材を隅々まで使うことが、費用削減に繋がります。
毎月食費が高額で、悩んでいた人がいるでしょう。
これからは、全部を使用できる野菜を積極的に購入してください。
工夫して料理しましょう。

しっかり火を通そう

野菜の芯だって、食べることができます。
普通に調理すると固くて、食べにくいのでおいしいとは感じないかもしれません。
他の食材よりも、火をよく通してください。
炒め物にする場合は最初にフライパンに入れたり、事前に電子レンジを使って軽く火を通すのがおすすめです。
電子レンジを使えば、時短にも繋がります。

野菜の芯は食べにくいと思って、これまで敬遠していた人がいるでしょう。
しかし食べてみれば、その歯ごたえが癖になるかもしれません。
食べず嫌いなのはもったいないです。
野菜の芯でもおいしさは変わらないので、料理を作って提供してください。
子供にも野菜の芯や、皮を食べさせましょう。
すると子供が成長しても、野菜を隅々まで食べる精神は忘れません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る