>

ダイコンやニンジンの葉っぱ

煮物におすすめの部分

ダイコンやニンジンを、煮物にすることがあると思います。
その時は、葉っぱも使ってください。
野菜は葉っぱを切り落とす人が見られますが、食べられる部分を捨てるのはもったいないです。
葉っぱも使って、少しでも食材を活用できるようにしてください。
煮物をすると、普段は色が茶色になるので地味に見えるかもしれません。

野菜の葉っぱを使うことで、色合いが綺麗になるメリットも生まれます。
味が染みておいしいので、葉っぱも積極的に使ってください。
すると大量に食材を買わなくても、立派な煮物を作れます。
食費を削減するために、欠かせないテクニックです。
野菜のことを勉強して、どこの部分を食べられるのか把握すると料理しやすくなるでしょう。

野菜のスープを作ろう

野菜の葉っぱには、豊富な栄養が含まれています。
ですが時間を掛けて煮込むと、栄養が流れ出てしまいます。
身を食べただけでは栄養を全て吸収できません。
そこで、スープを作って飲むのが良いとと言われます。
スープなら丸ごと野菜を食べられるので、栄養をしっかり吸収できます。
もちろん野菜の葉っぱをスープに入れてもおいしいので、簡単に捨てないでください。

味噌汁に入れると、和風のおかずに合うでしょう。
これまで葉っぱはおいしくないと思って、避けていた人が見られます。
ですが食べると、野菜の味がするのでおいしく食べられると思います。
野菜不足が気になっている人は、スープや味噌汁などの汁物を作りましょう。
毎日、食卓に出してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る