>

余ってしまったご飯のお供

キムチと相性が良いもの

辛くて、ご飯が進むキムチですが余ることが多いです。
余ったら豚肉と一緒に炒めてください。
すると豚キムチという、立派なおかずが出来上がります。
お弁当に入れても良いので、キムチの賞味期限が近くなった時に作りましょう。
ですが辛い豚キムチは、作っても子供が食べられない場合があります。

野菜を多めに追加することで、水分が出て辛味を抑えることができます。
白菜など、キムチと相性の良い野菜を追加しましょう。
冷蔵庫に野菜が余っていたら、それを全部追加しても良いですね。
残り物を痛めるだけでも、おいしい1品になります。
それでも辛味が消えない時は、みりんを追加しましょう。
調味料で味を整えれば、子供でも食べられる味になります。

納豆のアレンジレシピ

納豆は、昔からご飯のお供として食べられています。
しかしご飯の上に乗せて食べるだけでは、飽きてしまいます。
飽きたら、納豆のアレンジレシピを試してください。
卵焼きの中に入れてもおいしいですね。
卵も納豆も栄養が豊富なので、健康的なおかずになります。
納豆が苦手な人もいると思いますが、卵焼きに入れることで味がマイルドになって、食べられるかもしれません。

苦手を克服するために、納豆のアレンジレシピをたくさん知ってください。
野菜炒めに混ぜたり、チャーハンに混ぜるのも良い方法です。
調べると、意外と多くのアレンジレシピがあります。
納豆が好きな人も、レシピを調べてください。
様々な納豆料理を食べることで、もっと納豆が好きになるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る